スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっくり語られてみようNo.8



イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.作品に対するネガティブな表記を含む部分もありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.この作品の語り記事一覧 → 『No.08: 星井美希 ドラマ風PV“変わる季節、変わらない想い”

cocoonP



とりあえずこの作品見た瞬間にマジカ!と。
なんでかって。
美希誕生祭用の動画、投稿日時、もちろん美希ソロ、そしてストーリー性があること。
そう、同じ趣向で俺も作品を上げてて、おまけにこの語り企画にも参加してるw
決定的な違いがこちらはドラマ風PVとうってるところ。


coconn.jpg


とりあえず作者コメの回答として、1,2は当然○なんだけど、
3. 美希のベストエンディング(覚醒A以上ドーム成功)を見たか?
これに関しては残念ながらNo。
エンディングはいったけどノーマルだったわけで。

完全な美希ファン向けとうたってるとこもあり、確かにそうかなって気もしないでもない。
こういう、コミュ準拠や文字を使う演出は個人的に得意ではないので、見てても
あーうまいなぁって思った。
ただ正直言うと印象が薄いかなぁ。
これは俺が美希ファンじゃないからって分けじゃなくて、ドラマ風PVならって意味。







上記2点も作品のスタンス的には同じはず。
ただ俺の中で上記2作品は俺の中でもかなり印象に残ってる。

哀川翔Pの作品の場合、改変がありアイマスでの伊織のストーリーとは多少違うらしいんだけど
どっちの2作品ともに言えることが「声がある」こと。
cocoonPのもラストにだけ声が入ってはいるんだけど、ほぼ全編文字のみでの演出になってる。
こっからはあくまで個人的。この語り記事シリーズでよく使う言葉ww

声がある。曲をバックミュージックに、キャラの声によって映像と一つになる。
それは文字演出による視覚情報だけでなく、聴覚的な情報をもつかむことができる。
感情表現による声のトーンの違い。(叫びだったり、囁きだったり)
文字だけでこの表現が伝えきれるだろうか?
こういったことが、声をいれるだけで作品ががらっと変わる。

まぁ、生意気ずらずら書いてはみたけど、この作品ラストにはちゃんと音声がある。
アニメとかでも、ずーっと音声なくてラストにだけ表現するようなのも結構あるんでそれと同じかな?
だからこの辺はこうだろーってんじゃなくて、俺の好みかな。語り記事だしね!
スポンサーサイト
自己紹介

ディープP

Author:ディープP

懐かしめ?
のアニ、ゲーソン中心かなー。

あずさにメロメロ

製作環境
Premiere Elements4
Video Studio11
Adobe Creative Suite3
Sound Forge XP 
intuos3(タブレット) 
PV4 
Aviutl
過去の遺物
他者様の作品
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
検索フォーム
FC2カウンター
お知り合いの方々のブログ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルカナ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。